横浜関内の医療脱毛の主流はレーザー脱毛

何度処理をしても生えてくるムダ毛に悩んでいる人は多いでしょう。

横浜関内のクリニックが導入する医療脱毛は、自己処理に限界を感じている人におすすめです。ここでは医療脱毛の選び方、全身脱毛の魅力、脱毛前にしておきたい準備、などについて説明しています。

年齢未満の若々しい肌を維持するためにも医療脱毛を活用してください。

関連記事:横浜で鼻下の医療脱毛をする時に知っておきたいこと

横浜関内で脱毛クリニックを選ぶときのポイント

横浜関内駅の周辺には医療脱毛を受けられるクリニックがいくつかあります。駅前にクリニックが集中しているのは、交通の便がよくて店舗探しのときに迷いにくいからです。マイカーを所有していない人、仕事帰りに利用したい人などが気軽に脱毛できるように駅前周辺にクリニックが置かれているのです。

医療脱毛を受けられるクリニックを探すときは、通いやすさや料金体系、使用する脱毛機などを比較してみましょう。部位コースが充実しているクリニックであれば、気になる部位だけ処理することができます。全身脱毛を積極的にアピールするクリニックは、全身脱毛を得意にしている、痛くない脱毛機を採用している、などの傾向があります。

全身脱毛でトータルビューティーを

トータルビューティーとは総合的な美容施術、サービスを指しています。全身脱毛がトータルビューティーに最適と言われているのは、全身のムダ毛を処理できるからです。脱毛をしなくても肌はツルツルで産毛すら目立たないという人は少数派でしょう。

ヒゲが濃くて困っている、何度ワキ毛の処理をしても生えてくる、VIOのムダ毛が原因で蒸れが気になる、などの悩みを抱えている人は多いです。ムダ毛は全身に生えているからこそ、医療脱毛でツルツルにすれば全身の美容につながります。

医療機関はサロンよりも安全に脱毛できる

医療脱毛は痛いという声が多いですが、出力を抑えたり麻酔を使用したりするなど、痛みに対処する術は揃っています。

脱毛機の刺激だけを見ればサロン脱毛より強いですが、医療脱毛の場合は医師や看護師といった医療従事者が処置するので、サロンよりも安全性は高いです。

大手脱毛サロンのなかには医療機関と提携するところが多く、これはサロンの利用者に肌トラブルが発生したとき、サロン内での対処が難しいためです。薬による処置が必要な状況にあるなら、医療機関でしか対処はできません。

顔の医療脱毛により得られるメリット

顔のムダ毛は体毛のなかで最も目立つため、医療脱毛でツルツルにしましょう。チクチクとした硬いヒゲに悩んでいる男性はもちろん、女性も濃いヒゲに悩んでいる人はいます。男性ホルモンの分泌量が多いと、ヒゲが硬く太く成長してしまうのです。

ヒゲが濃いと毎朝のシェービングが必要になることが多く、すると皮膚に負担をかけます。年齢とともに皮膚の抵抗力は衰えるため、30代になってから急に肌荒れに悩まされるようになる、といったケースは多いです。横浜関内で医療脱毛をしてシェービングが不要になれば、肌は少しずつよい状態に戻っていくでしょう。

黒ずみやくすみがなくなり、肌の透明感が増したという人は多いです。医療機関による顔脱毛は毛穴を引き締める作用があるので、毛穴が目立ち始めた人にもおすすめします。毛穴が開いてくるとブツブツが気になり始める人が多く、これは毛穴に汚れや皮脂が溜まるからです。

開いた毛穴を引き締めれば肌のキメが整い、化粧のノリがよくなるというメリットも期待できます。

関連記事:横浜で医療脱毛を体験してみた!濃い髭は綺麗にできた?

医療脱毛の基本はレーザー脱毛

横浜関内で医療脱毛といえば、一般的にレーザー脱毛を指しています。レーザーはエステサロンでは使用できず、利用できるのは医療機関だけです。レーザーの特徴は深部まで到達し、毛母細胞に確かなダメージを与えられることです。

永久脱毛ができる脱毛方法として最もポピュラーであり、ツルツルを持続できる期間がサロン脱毛より長くなっています。レーザー脱毛は広範囲の処理に適しており、1回で全身に照射できるクリニックは少なくありません。

ただし照射口が狭いタイプのレーザー脱毛機ですと、1回あたり1~2部位くらいまでしか照射ができないケースがあります。レーザー脱毛選びで大切なのは、処理時間を短縮することだけではありません。処理時間が短ければ利用者の負担は軽減しますが、肝心の脱毛効果が弱ければ意味がないでしょう。

横浜関内で脱毛クリニックを選ぶときは、照射スピードに加えて脱毛効果も確かめておく必要があります。最新タイプのレーザー脱毛機を使用しているクリニックであれば、スピーディーな処理と高い脱毛効果の両立ができます。

関連記事:横浜でvio専門の医療脱毛をするならどんなところに注目すべきか

脱毛を受ける前にシェービングをしておこう

普段はシェービングをしないという人も、医療脱毛を受けるときは事前準備としてシェービングをしておきましょう。ムダ毛を短くカットすることで、レーザーが毛母細胞に効率よく届くようになるからです。シェービングをせずにクリニックに行った場合、有料のシェービングサービスの利用を求められる場合があります。

完全予約制を導入しているクリニックですと、次の予約客が控えている場合、脱毛に十分な時間をかけられなくなる可能性があります。脱毛の時間が減ってしまうと、全身に照射できなかったり、照射時間を短くしたりする必要性が出てくることもあるでしょう。

こうした理由から脱毛前のシェービングは必須ですが、剃り残しが一部にあるような状況においては、クリニック側で無料シェービングをしてくれるところが多いです。

医療脱毛でムダ毛は生えてこなくなるのか

医療脱毛は肌をツルツルにしたい人に最適ですが、無毛にすることはできません。無毛とは毛穴からムダ毛が生えていない状態を指しています。横浜関内のクリニックでレーザー脱毛を受けると、永久脱毛が可能になります。

永久脱毛とは生涯においてムダ毛が生えてこない状態にするという意味ではありません。ムダ毛を大幅に減毛し、長期間にわたって自己処理を不要にするのが目的です。そのため医療脱毛を受けても、再びムダ毛が生えてきたり、濃くなったりするケースはあります。

ただし脱毛前の状態まで戻ることは極めて稀で、多くの人はコンプレックスに感じない程度の毛量を維持できています。

ムダ毛を気にしない生活を実現するならレーザー脱毛を

横浜関内の医療脱毛の多くはレーザー脱毛で、これは医療機関でしか受けられません。レーザー脱毛は毛母細胞を破壊し、ムダ毛の再生を強力にブロックします。肌のトータルビューティーに最適で、特に顔のムダ毛に悩んでいる人におすすめです。

医療脱毛はサロン脱毛より安全性が高く、減毛効果の持続も長くなります。シェービングで肌がボロボロになってしまった人、サロン脱毛に限界を感じている人などに適しています。

Top