医療脱毛でvioを処理する人におすすめしたい横浜の脱毛クリニックの特徴

医療脱毛でvioを脱毛する方法は、ほかの脱毛法にはないメリットがあります。ここでは横浜で脱毛をしたい人におすすめのレーザー脱毛の特徴、安全に脱毛するための知識、vio脱毛により得られるメリットなどについて説明しています。

自己処理やサロン脱毛でムダ毛のコンプレックスを解消できなかった人は、医療脱毛を検討してください。

関連記事:キャンペーン期間を利用して横浜で医療脱毛をする際のチェックポイント

vioのムダ毛処理に医療脱毛が適している理由

vioのムダ毛は自分で簡単に処理ができるものではありません。皮膚がやわらかいので深剃りをしにくく、無理をすると肌を傷つけて出血させる可能性があります。横浜でvioの医療脱毛がおすすめされる理由は、医療従事者が安全に処理してくれるからです。

医療知識をもった医師や看護師が施術をするので、肌荒れのリスクが低いのです。

vioは皮膚が敏感なだけでなく、蒸れによる影響を強く受けます。ひとたび肌荒れが起こると、非常に治りにくい性質があります。かゆみを伴う肌荒れが生じると、掻きむしってさらに状態を悪化させる人が少なくありません。

全身のなかでも特に繊細な部位だからこそ、vioの脱毛は医療機関にまかせましょう。肌がツルツルになれば蒸れにくくなり、肌荒れが解消するかもしれません。またファッションの選択肢が広がるなどのメリットも期待できます。

ビキニを着ると陰毛がはみ出て困っているという人は、vio脱毛をすれば思いきり海水浴やプールを楽しめるようになります。

サロン脱毛よりも顕著な減毛を期待できる

プロのvio脱毛を受けるには脱毛サロンという選択肢もありますが、医療脱毛ほどの減毛は期待できません。医療機関はレーザーを使用できるのに対して、サロンはIPLなどの光を使用した方法が主流になります。脱毛レーザーは医療機器なので、サロンが使用すると違法になってしまうのです。

サロンのブラジリアンワックス脱毛に関しては、ほとんど減毛効果の期待はできません。確実にムダ毛を減らしつつ、再生を強力に抑えるには医療脱毛に勝るものはないわけです。vioのムダ毛は非常に硬いため、再生するときに皮膚に刺激を与えてかゆみを伴うことがあります。

ワックスで毛根から抜いて処理しても、毛質がやわらかくなるわけではありません。サロンのIPL脱毛に関しては減毛を期待できますが、医療脱毛と比較するとその作用は弱く、ムダ毛の再生時にかゆみを伴うケースが多いです。

医療脱毛に関しては処理回数を重ねるたびに、顕著にムダ毛が薄くなっていきます。すると再生して皮膚からムダ毛が顔を出すときも、かゆみをあまり感じなくなるのです。医療脱毛における再生時のかゆみは、処理回数が増えるたびに軽減していくでしょう。

医療脱毛をおすすめしたい時期は

横浜の脱毛クリニックでは年間を通して医療脱毛を行っています。ただし脱毛に適した時期、適さない時期は明確に存在しています。vioは紫外線をそのまま浴びるような状況にはなりにくいですが、蒸れによる影響は無視できません。

蒸れると肌荒れを引き起こし、荒れがひどくなると医療脱毛を受けられなくなる可能性があります。蒸れによる影響を抑えるためには、秋や冬に脱毛をするのがおすすめです。vioの処理には4~6回以上かかることが多く、春から始めたのでは夏を迎えることになります。

夏場は汗疹や湿疹が発生しやすくなるので、肌が弱い人ほど脱毛する時期を慎重に見極める必要があります。レーザー脱毛機の出力を抑えれば、多少の肌荒れがあっても脱毛できる場合がありますが、1回あたりの脱毛効果は弱くなるのが問題です。

脱毛回数が多くなれば総費用も増えてしまうので、脱毛効果に加えてコスパを追求する意味でも秋や冬に脱毛をするのがおすすめです。

vio脱毛で下半身のケアができる理由

vioのムダ毛を処理すれば、蒸れを軽減できるので体臭もあまり気にならなくなります。すそわきがは蒸れにより重症化し、わきが以上のニオイを発生させることがあります。ワキと比べてvioは下にあるので、ニオイが鼻に届きにくいという特徴がありますが、パートナーがいる人であれば要注意です。

vioは蒸れに加えて、陰部の汚れの影響によって雑菌が発生しやすい問題もあります。慢性的な肌荒れを起こさないためにも、横浜の医療脱毛でツルツルにしておきましょう。vio脱毛を受けた人からは、蒸れが大幅に軽減して肌がサラサラになった、かゆみを感じなくなった、などの声が寄せられています。

サラサラした肌はバリア機能が高く、肌荒れから肌を守ることができます。vioの肌荒れは特に慢性化しやすいため、他の部位よりも優先的に脱毛をしてください。

関連記事:横浜で乗り換え割引制度があるクリニックで医療脱毛をする時に気を付けたいこと

vio脱毛を受けるときの姿勢は

下半身の衣服を脱いで横になって処理を受けます。ただ下半身をすべて露出することはなく、タオルで大部分を覆いながら、少しずつ処理していくので安心です。または紙ショーツを着用し、照射する部分だけを露出して処理するなど、恥ずかしさを感じることがないように配慮してくれます。

日本ではvio脱毛は恥ずかしいと考える人が多く、これは脱毛に慣れていないことが大きな理由です。一方で少しずつ脱毛に対する意識は変わってきています。医療脱毛に対応した横浜のクリニックが増えている理由は、脱毛人口そのものが増えているためです。

関連記事:横浜関内の医療脱毛の主流はレーザー脱毛

vio脱毛を受けられるコースは

vioコースを選択すればvio全体の脱毛ができます。vライン脱毛などと称している場合は、iラインとoラインは含まれないのが普通です。横浜でvioの医療脱毛を受けるときは、脱毛範囲をよく調べておきましょう。

vioコース以外では全身脱毛もvioに対応していることが多いです。ただしvioは除くなどの条件が定められている場合があるため、ここも確認しておく必要があります。全身脱毛を格安で受けられると喜んでいたら、vioが含まれていなかったという話はよくあります。

脱毛の痛みを少しでも抑えるには

痛くない脱毛が必ずしも優れているとは限りません。デリケートな部位であるvioの脱毛は、痛みが強くなるのが当たり前です。痛みを極限まで抑えるとなると、出力をかなり下げる必要性が出てきます。脱毛効果を引き出しつつ痛みを抑えるには、麻酔を使用するという選択肢がおすすめです。

麻酔は基本料金とは別料金になることが多いですが、麻酔で皮膚を鈍感にすれば脱毛出力を抑えずに処理できる可能性が高く、そうなれば処理回数自体を少なく抑えられるかもしれません。すると麻酔を使用したことにより、むしろ麻酔なしの場合より安くなる可能性もあるのです。

医療脱毛で頑固なvioのムダ毛を減毛させよう

医療脱毛は最も強力にvioのムダ毛を減毛できる方法です。医療脱毛の効果を引き出すためには、肌が刺激を受けにくい冬場を選ぶのがポイントです。レーザー脱毛は刺激が強いですが、麻酔を使用すれば痛みを抑えつつ強い出力で処理ができます。

横浜の脱毛クリニックでvio脱毛をする人は、コース内容にvioが含まれているか確認することも大切です。

Top